バドミントン部は普段は学校の近く(と言っても歩いて15分程度)のスポーツセンターで練習を行っていますが、ほぼ専用コートとも言えるような環境の下、日々練習に励んでいます。バドミントン部は前監督の下でめきめき力をつけ、東北大会に出場するまでになりました。その伝統を受け継ぎ先輩たちの残した足跡を辿りながら今日も鍛えています。

 私達バドミントン部は、西仙北スポーツセンターという場所で男子16人、女子2人の計18人で東北大会出場を目標に日々練習に取り組んでいます。
 練習はランニング・体操・ストレッチ・フットワーク・基礎打ち・ノック・ゲーム練習のメニューで取組んでいます。このメニューの他に春から秋にかけてユメリアという温泉施設までの走り込み、冬には体力トレーニングとサーキットという筋肉強化練習を取り入れて練習しています。
 最初は自分がキャプテンをやって大丈夫なのか不安でしたが、部員の皆が支えてくれるので何とかやれています。これからも支えてもらいながら頑張って行こうと思います。

【あらゆる勝利を目指す】
 本校バドミントン部では、東北総体出場という部全体として共通の目標を掲げると共にそれを達成するために一人一人が自己をどのように成長させるべきか、自らの課題は何かということを意識して練習を行っています。スポーツマンとして勝利するためには技術の成長のみならず人としての成長も必要不可欠であり、部員は時に悩みながらも部全体でお互いを支えあい厳しい練習の中少しずつ己を成長させています。試合でも、学校生活でも勝者となり喜びを感じられるよう頑張りを期待しています。

【夏季】
・長距離ランニング
・ノック練習(シングルス・ダブルス)
・ゲーム練習
・各校練習試合
【冬季】
・体力トレーニング
・サーキットトレーニング
・基礎力徹底養成
・ダブルス基礎トレーニング



 


Copyright 2013 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved