から40年前、大阪で万博が開催された。一足先に東京オリンピックが開催され、高度成長期の象徴のように思えたものだ。もはや戦後ではないという言葉も聞かれ、経済大国として世界に羽ばたこうとしている、そんな時期だったように記憶している。

れから40年、今の日本はどうだろうか?イジメや引きこもり、ニートにホームレス。鬱に自殺、不況に国際競争力の低下。どちらを向いても暗い話しか聞こえてこない。世界は勿論、アジアでも中国や韓国の後塵を拝している分野もある。技術は確かに進歩してはいるはずなのに。

の日本に欠けているもの、それは夢だと思う。昔は例え貧しくても今を乗り越えれば輝く明日が見えていた。だから明日を信じて元気に前に進むことができた。物が無い分、工夫して作り上げていった。今こそあの頃の日本を支えた二つの力、想像力と創造力を鍛えてこの局面を乗り越えて行こうではないか。活気ある明日を作り上げるために。

 - 2010.7.15 - 



 


Copyright 2010 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved