週、雪が降った。もさもさと降った。毎年、ちょこっと降ってはすぐに消えてなくなるからと油断してたら日中ひっきりなしに降り続いた。そしていつサンタのおじさんがやってきても不思議ではない光景が目の前に広がった。確かに12月だよなと思いながらも、でも今から積もるなよとも思っていたら秋田市の方は全然積もってなくて、雪景色はどうやら地域限定だったらしい。

12月のことを師走といって先生(師)が忙しく動き回らなければならないからとか、師とは坊主のことで昔はこの季節も檀家回りをしなければならなかったからとか諸説様々だが、いずれにしても忙しいことには変わりはない。そりゃそうだ。学校ならば22日から冬休みに入るので、それまでにやるべきことは終わらせなければならないし、大人なら車のタイヤ交換、そしてクリスマスに正月の準備、さらには家の周りの冬支度等、確かにすべきことだらけだ。

もこれらは四季のある、日本だから話題にもなり、振り回されるのかもしれない。一年中同じような気候だったら話題にすらならないだろう。自然を含めた全ての出会いを恵みと捉え、楽しんでいきたいものだ。(H.F記)

 - 2010.12.3 - 



 


Copyright 2010 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved