12月24日は何の日か尋ねるまでもないだろう。そう、クリスマス・イブである。元々クリスマスはキリスト教のイベントだが、何でも取り入れるのが上手な日本人には本来の意味などよく分からないけど楽しいお祭りとしてすっかり定着している感がある。

リスマスにはプレゼントをもらってケーキや美味しいご馳走を食べてパーティーを開いて、毎日がクリスマスでもいいやとさえ思っている子供たちも多くいることだろう。でも、ちょっと待ってよ。プレゼントやケーキやご馳走があるってことって、一体どういうこと?プレゼントをくれる人がいて、ケーキやご馳走を用意してくれる人がいるってことじゃない?毎日の生活そのものがやっとという人にとってクリスマスは単に世間の馬鹿騒ぎにしか思えないんじゃない?そもそもキリストって何?彼は救世主としてこの世を救ってくれる存在として皆が待ち焦がれた存在ではなかったの?

々が周りにもっと心を開き、むしろクリスマスを楽しむ余裕の無い人にこそ、本当の意味でのクリスマスが訪れる、そんな世の中にしていきたいものだ。(H.F記)

 - 2010.12.24 - 



 


Copyright 2010 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved