年度の入学式も無事に終了し、期待に胸をふくらました105名の新入生が新たに西仙北高校の一員となった。ニュースを見ると経済は勿論のこと、未曾有の震災の被害の話など、どちらを見ても暗くなる話ばかりである。

も沈み込んでばかりはいられない。こんなときこそ夢や希望をもちたい。以前、こんな事があった。ショックでテンションが0状態になったことがあった。希望をもてなく、全てが嫌になった。毎日ぼんやりとしていたとき、ふと子供の頃の事を思い出した。そう言えば昔も嫌な事ってあったなって。でもそれらは懐かしい思い出として今は話せるようになってるではないか。と言うことは、今のこの状況も、もしかすれば将来的に笑って話せる日が来るかもしれないと。そう思えるようになったら案外立ち直りは早かった。

の気持ちは繊細である。でも視点を変えることで今までマイナスに見えていたことがプラスに見えるようになる。105名の新入生がどんな夢を抱いているかは分からないが、プラス思考で大きく成長することを願う。(H.F記)

 - 2011.04.8 - 



 


Copyright 2011 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved