年の冬は異常だ。とにかく長い。勿論、気温は徐々に高くなってきて秋田市内等は殆ど雪が融けてしまっているが、ここ刈和野では、学校の周りにはまだまだうず高く雪が積もっている。4月になっても北側の窓の外には人の背丈よりも高く雪が積もっている。一度、業者が入って雪の山を削ったにも関わらず、だ。

球温暖化の影響で異常気象が起こりやすくなってきているのは分かるが、いつまでも雪が降り続いているのは今まで経験がないだけに、今年は本当に春がくるのだろうかと心配になってしまう。もしかして5月でも雪が降ったり、8月でも半袖シャツが必要ないなんてことになったりするんじゃないかと不安になる。

本には四季があり、その季節ならではの風景があり、それが日本の美となって人々の心に感動をもたらしてきていたのが、今年はその季節感が狂いまくっている。4月になっても降る雪をまさかエイプリルフールだと笑ってもいられまい。(H.F記)

 - 2012.4.2 - 



 


Copyright 2012 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved