日痛ましい事故が起こった。無免許で一晩中遊び回った挙句、小学生の列に突っ込み何の罪もない子供とその母親の命を奪ったというものだ。世間の常識の欠片もない彼らの無鉄砲さに犠牲になった方はたまったものではない。一体どんな落ち度があったと言うのだ。

許があるとないとでは全く次元が異なる。単に運転する技術があるとかないとかといったレベルの話ではない。社会的責任といったものの有無がそこにはある。技術の優劣も確かにあるが、その技術の使い方を間違っている奴がハンドルを握ればただの凶器に過ぎない。更に夜通し走り回っていれば疲れが溜まってない訳がない。その辺の判断もつかない様ではもはや人としてどうか。

牲になった方へは心から哀悼の意を表すると共に、犯罪を犯した様な人間を世に送り出さないように、我々学校サイドもしっかりとした日々の指導を心掛けねばと意を新たにするものである。(H.F記)

 - 2012.5.8 - 



 


Copyright 2012 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved