校は今年の入学生から制服がマイナーチェンジして、男子のネクタイ、女子のリボン共にワンタッチのクリップ式に変わった。そのため首元がすっきりした。昨年度までは自分でネクタイを結ばなければならず、女子もゴムが伸びてくればリボンの位置が下がるなど、自分で注意してないと見栄えが悪くなることもあった。

クタイは元々は大人がスーツを着る際のアイテムだったが、高校の制服にブレザーが増えたことで高校生の着用も増えてきた。しかし大人に比べるとファッションに対する遊び心が強い高校生では、本来の着用の仕方ではなく大人の目から見れば”だらしない”結び方をしている者もいる。ネクタイは、それ自体強烈に自己主張するアイテムだけに結び方も様々ある。だが相手に不快感を与えるような真似だけは決してしてはならない。

会人の一歩手前と言われる高校生にとってネクタイをファッションの一部と捉える向きもあるかもしれないが、社会の常識としての気持ち良いネクタイの着用の術を是非身に着けてもらいたいものである。(H.F記)

 - 2013.4.19 - 



 


Copyright 2013 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved