年この時期、面接練習に明け暮れる。勿論これは生徒にとって進路指導の重要な一環として欠かすことのできない活動なのだが、こっちにしてもやりがいのある興味深い一時でもある。というのも、面接練習をすることでそれまで知らなかったその生徒の内面を知ることができたり、お互いの絆を深めることが出来るからである。

接では自分自身のことについて話せばいいのに、思っている以上に自分のことを知らないでいる生徒によく出会う。今まで生きてきた中で自分がどのように成長してきたのかを言えなかったりする。過去にどんな体験をして、それが今の自分にどんな影響を与えてきたのかを考えた時、初めて自分の存在の大きさに気づいたりする。そこに新しい発見があり、喜びや希望が湧いたりする。そんなささやかな驚きに目を輝かせる生徒の姿を見るのが好きだ。

々の仕事は生徒を社会に出て通用できる人間に育て上げることだが、決して簡単なことではない。でもそんな彼らの成長する姿を見ながらこちらも成長させてもらえることが何にも代えがたい喜びであり、明日への活力になっている。また明日も面接練習頑張るぞっ!(H.F記)

 - 2014.11.7 - 



 


Copyright 2014 秋田県立西仙北高等学校 all rights reserved